Loading...
English

【英語】Oxford Online Englishのレベルテスト(無料)を受けてみた

最近、英語を基礎からガチでやり直しています。仕事や趣味の合間にせっせと勉強。今月は単語&熟語、文法を一気に総復習です。いきなり火がついたのは、自身の英語力のなさを痛感する出来事があったからです。

 

TOEICの点数を目標にしてしまったこと

私は転職のためにTOEICを受検していました。最高スコアは800点代前半です。900点越えのかたが多くいらっしゃる中、この点数は高いとは言えません。転職時に必要だった基準がだいたい800点で、それをクリアしてたので「ひとまずこのくらいでいいや」と勉強をストップしていました。またいつかスコアアップを目指そうと考えてはいたのですが、今回のショックな出来事で、もうTOEIC用の勉強はしないと心に決めました。(今後TOEICを受検する際の直前対策はすると思います!が、それ以外はやりません。)

 

“Oxford online English”のテストを受けてみた

先日ふと「いつかIELTSを受けてみたいなぁ」という気持ちが高まりました。今後の仕事を考えると、スコアを取得しておくのも良いかもと思ったのです。「そもそもIELTSに挑戦して良いレベルなのかな?」と疑問に思い、色々なサイトを探していた時にオックスフォード・オンライン・イングリッシュのオンラインテストを発見しました。

リーディング、ボキャブラリー、文法、読解力の4セクション別にテストを受け、回答と自分のレベル判定(CEFR)を知ることができるものです。(「CEFR」についてはこちらのサイトがわかりやすく解説されていたのでお勧めです。→ CEFR(セファール)とは?6段階のレベルを徹底解説!

このオンラインテストでは4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)のうちライティングとスピーキングは測れないのですが、無料でお手軽に受けることができます。ということで深夜にトライ!

 

どうしよう、何言ってるか全然わからない(涙)

リスニングの散々たる結果にまじでへこみました。どのレベルだったかは内緒にしておきます(笑)ちなみにTOEICのサイトにはTOEIC® Program各テストスコアとCEFRとの対照表 というページがあるのですが、私はTOEICスコアよりもCEFRの方が低かったです。Readingだけは対照表と同じレベルでしたが、このオンラインテストには時間制限が無くゆっくり読んで解答できたからだと思います。

 

これからこのオンラインテストにトライするかたもいると思うので、ネタバレを避けるべく内容はあまり触れずにおきます。私はリスニングテストである基礎熟語を聞き逃してしまいました。答えを知ってから再度リスニング問題を聞くと、それ以外には聞こえません。もちろんその熟語の意味は知っていましたが、その言葉が自分の頭のなかにしっかり入ってなかったんだなと思いました。また、”go away” “go out” で迷った設問もありました。このテストを受けて間違った箇所を調べるだけでも「なるほど」と勉強になることは多かったです。

 

テストを終えて、なんとなくベルリッツのこちらのCMを思い出しました↓

German Coast Guardが”Sinking”と”Thinking”を間違えるものです。初めてみたときは爆笑しましたが、私は笑っていられる状況ではありません。

 

熟語・単語・文法を甘くみていた


私は今まで熟語や単語、文法をTOEIC用にテクニカルな勉強ばかりしていました。「パート5、6は何分以内に解く!」ってことだったり、頻出ワードを頭に叩き込むような小手先の勉強です。もちろん基礎もざっと取り組んではいたけど、大切なことを怠っていたことに気がつきました。

 

やっぱり近道はない

「語学学習に近道はないよ」とよく言われています。でもTOEICのスコアを目標にすると、私のように無理矢理「近道」を探してしまう人も多いと思います。しかもTOEICは4択だし、運が良いとハイスコアが出てしまうこともある。私はおそらく運よく目標点数が取れてしまったタイプです。実力は点数以下だと思います。

 

IELTS受検なんてまだまだ先な状態ですが、いったん基礎固めしようと思い、大学受験のような勉強をはじめました。1ヶ月集中的に取り組んでみるので、やりきったらどんな勉強をしたのかをテキストとともにご紹介しようと思います。

TOEIC以外で語学力を測ってみたいというかた、ぜひオックスフォード・イングリッシュのオンラインテストを受けてみてください!お勧めです。

Oxford Online English Level Test