Loading...
DJ /ARTIST

進化し続けるテクノDJ、Joris Voorn(ヨリス・ヴォーン)

(Photo by Joris Voorn’s facebook)

オランダを代表するDJ/コンポーザー、Joris Voorn(ヨリス・ヴォーン)
情緒溢れるシンセサイザーのメロディアスなトラックを得意とするアーティストだ。オーケストラ構成のような独特の奥行き。リスナーには鍵盤のサウンドが特に頭に残ると思う。Techno, Tech House, Deep House, Deep tech、そしてアンビエントにも近い。彼のジャンルは一つに定義しずらいが、それは彼が進化し続けている結果と言える。

 

”Incident”の世界的ヒット

2004年にリリースした「Lost Memories Part 2」の「Incident」の爆発的なヒットがきっかけで、
ヨリスの名は世界に広がった。

この頃の彼の楽曲は早めのBPMのダンスミュージックが中心。特に”Incident”は明瞭なピアノのメロディも聴きやすくリピートしたくなる。ピアノサウンドがメインになるのは動画3分過ぎくらいから。(ところでこの曲はいまでもフロアは湧くはずなので、DJのかたぜひ!)

 

ループからの脱却

その後は2013年”Ringo”, 2016年 ”Looks Fake Obviously”とヒット曲を次々リリース。当時の楽曲は現在のようなDeep Houseに近い。ヨリスは2014年のBillboardのインタビューでこのように答えている。

 

I started recording chord structures and melodies that were very different than what you’d hear in most house and techno tracks — more song based, less repetitive and, in general, quite emotional.

ハウストやテクノのトラックで聞くものとは異なるコード進行メロディーのある楽曲、歌をベースとしたり、繰り返しがより少なく、非常に感情的なものを録音し始めました。

 

2008年ごろから、ティーンで好きだったインディーズ・ミュージックを思い出すかのように、ギターやベースを手にして試行錯誤を重ねた。今まで彼が生みだしてきたテクノ・トラックとは全く異なるもののため、かなり苦労したようだ。この変化が現在のメロディアスなテクノ、ディープテック、ハウス系のトラックに繋がっているのだと思う。シーンの第一線で長く活躍するアーティストは、時代の潮流よりも早い速度で進化し続けるものだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Piano practice before the weekend 🎹 #chopin #piano #weekend #music

Joris Voornさん(@jorisvoorn)がシェアした投稿 –

ヨリスのinstagramより、ピアノの練習のポスト。曲はショパンのプレリュード28-4。(ちなみにRadio Heead ”Exit Music”はこの曲をベースにしたものだったりする。)

 

Cercleでの美術館ライブ・セット

Cercle企画のパリの美術館、グラン・パレでのパフォーマンスは特に素晴らしい!荘厳な空間を意識したライブセットで、ダブのリズムにジャジーなピアノを融合させた1曲めからDeep Houseに移していくあたりが高度だと感じる。動画41分過ぎからはU2のWith or Without youをさりげなく入れているのも面白い。オーディエンスを楽しませるのが本当に上手い。

 

2019年もTommorowlandやAwakening始め世界中の大型フェスを盛り上げている。

Awakening Festival 2019

次の来日はいつになるのだろうか。
(関係ないけど、このチャカカーンTシャツ、めっちゃ欲しい笑)

この投稿をInstagramで見る

Everything’s gonna be allright. @tofflerfestival #Rotterdam #chakafuckingkhan

Joris Voornさん(@jorisvoorn)がシェアした投稿 –